色鉛筆画を描くことで、生きがいを見つけ、ポジティブに物事を捉え常に前へと進んでいました。
癌との闘病の末、2月に他界され、今回の個展は遺作展となりました。
最後まで皆さんには絵を見ていただき本当にありがとうございました。
作品展をとおしてこれからどう生きるかを教えていただいたような気がします。

個展は終わりましたが、畑さんの絵は飾ってありますので、見に来ていたたけたら幸いです。
絵の中に畑さんは生きていると思います。
いろんな方との出会いに感謝しています。

本当にありがとうございました。